ツバキ科


双子葉、離弁花。 用語説明

単葉、互生で、托葉はない。 厚い光沢のある葉をつける常緑樹で、花は5弁あって瓦重ね状となり、 雄しべが多数あって基部は合着するものが多い。
しかし、落葉するナツツバキもあり、八重咲きの花など、多くの園芸種がある。

ツバキ 葉は厚くて光沢があり、花は半開し、雄しべが多数あって合着しており、 花が終わるとき、全部の花びらがつながった状態で丸ごとおちる

ユキツバキ

ユカリツバキ

サザンカ 葉は厚くて少し鋸歯があり、花は平開し、雄しべが多数あるが合着せず 花びらはバラバラに散る

ワビスケ

ナツツバキ 樹皮は灰色と赤褐色のまだら模様ですべすべしており、葉は楕円形で秋に落葉し、 花は白い5弁花で、縁には細かい鋸歯があり、朝に開花し夕方には落ちる

ヒメシャラ 樹皮は淡赤褐色ですべすべしており、 葉は先のとがった長楕円形で浅い鋸歯があり、 春から夏にかけて、本年枝の基部に小さい白い5弁花をつける

イジュ 白い花が葉腋に数個咲き、葉は尾状に尖り、果実は偏球形。

ヒメツバキ: イジュ の別名

サカキ

チャノキ 葉は楕円形で鋸歯があり、光沢のある薄い革質で、 秋に白い花が下向きに咲き、果実は丸い朔果で熟すと3裂する

サカキ 葉は長楕円状広披針形で全縁で厚く、 花は葉の腋に下向きにつき、5弁に開き、白から黄色に変化し、 球形の液果が晩秋に黒紫色に熟す

マサカキ: サカキ の別名

ヒサカキ 葉は倒卵状楕円形で鋸歯があり、厚くてつやがある。 花は葉の腋に壺形の尾花と鐘形の雌花を下向きに沢山つける

ハマヒサカキ 葉は倒卵状楕円形で鋸歯があり、厚くてつやがあり、 葉腋に壺形の雄花と鐘形の雌花を下向きに沢山つける

マメヒサカキ: ハマヒサカキ の別名

ヒサカキサザンカ 葉はヒサカキに、花はサザンカに似ており、 果実は楕円形の朔果で、熟すと先端と基部の両方から 3裂し、種子にはへそがある

モッコク 樹皮は暗灰色で、葉は先は丸く基部はくさび形の革質でつやがあり、 夏に白い5弁花を葉腋に下向きにつけ、球形の朔果が赤く熟す

アカミノキ: モッコク の別名

双子葉-木-科名へ戻る
双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
総目次へ戻る