ヒメシャラ

姫沙羅

双子葉、離弁花、 ツバキ科、 ナツツバキ属、落葉、高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜8月
高さ:15メートル
樹皮は淡赤褐色で、薄片状にはがれてまだら模様となり、 すべすべしている。幹も枝も細長くのびる。
葉は互生し、先のとがった長さ4〜8センチの長楕円形〜楕円形で、 浅い鋸歯があり、細かい毛が生え、薄くて秋に落葉する。
春から夏にかけて、本年枝の基部の葉腋に直径約2センチの 小さい白い5弁花を1個つける。 雄しべは多数あって基部が合着する。 ツバキのように、花全体が一体となって落ちる。
果実は先のとがった卵形の朔果で、5稜があり、9〜10月に熟すと5つに裂け、 扁平な楕円形で翼のある種子がでる。
床柱や彫刻材などに使われる。
よく似た植物として、 ナツツバキ がある。

識別点: ヒメシャラナツツバキ
 ヒメシャラ:樹皮淡褐色にはがれる、花期5月、花径約2センチ、葉先鋭くとがる、葉脈明瞭でない、刮ハ裂片はあまり尖らない。
 ナツツバキ:樹皮は灰色と赤褐色のまだら。花期6〜7月、花径約5センチ、葉先あまり尖らない、葉脈明瞭、刮ハ裂片が長く尖る。

花は5弁で白く、花径約2センチと小さい。




葉は先の尖った楕円形で、浅い鋸歯があり、薄い。


葉や若枝に毛がある。 (2018/5/24)


(2018/5/24)


未熟な果実。(2017/9/21)


先のとがった卵形の朔果は5稜があり、秋に5裂する。


刮ハが熟すと翼のある扁平な種子を出す。(2016/1/10)


(2016/1/22)


樹皮は滑らかで光沢がある。(2016/1/22)




高木となる。 (2018/5/24)


ヒメシャラの見事な盆栽 - 昭和記念公園にて。(2016/4/11)


ナツツバキ との比較:

ヒメシャラ。刮ハは幅約1センチ、長さ約1.5センチと小さく、先の突起が短い。(2015/11/21)


ナツツバキ。刮ハは幅約2センチ、長さ約2.5センチと大きい。(2016/1/27)


ナツツバキ。刮ハは先の突起が長い。(2015/11/21)


ヒメシャラ。幹は淡赤褐色ですべすべしている


ヒメシャラ。樹皮は淡赤褐色。(2015/11/21)


ナツツバキ。樹皮は灰白色と赤褐色のまだら。(2015/11/21)


ヒメシャラ。葉は先が鋭くとがり、葉脈が不明瞭。(2015/5/1)


ナツツバキ。葉は先が鋭くは尖らず、葉脈が明瞭。(2015/6/10)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る