ヒサカキサザンカ


双子葉、離弁花、 ツバキ科、 ヒサカキサザンカ属、常緑、中高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜7月
高さ:10メートル
葉は ヒサカキ に、花は サザンカ に似ている。
樹皮は灰褐色で滑らかであり、若枝には毛がある。
葉は互生し、5センチぐらいの楕円形で先がとがり、ふちに鋸歯があり、 革質で光沢がある。
初夏に枝先の葉腋に直径3センチぐらいの白い5弁花を単生させる。 雄しべは多数あって黄色い。
果実は長さ2センチぐらいの楕円形の朔果で、熟すと先端と基部の両方から 3裂し、出てくる種子は茶褐色でへそがある。



白い5弁花が咲く。 (2018/6/29)


刮ハには3稜がある。(2016/10/2)


(2018/10/21)


葉は革質で鋸歯がある。


若葉。(2016/4/29)


樹皮は褐色で平滑。(2016/10/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る