ツバキ

椿

双子葉、離弁花、 ツバキ科、 ツバキ属、常緑、小高木。 用語説明
花期:冬〜春 2月〜4月
高さ:6メートル
単にツバキというと、通常は ヤブツバキ を表す。
幹は灰褐色でなめらかである。
葉は6〜12センチで厚くて光沢があり、互生する。
花は枝先の葉腋に単生して半開し、雄しべが多数あって合着しており、 花が終わるとき、花びらがバラバラに散るのではなく、全部の花びらが つながった状態で丸ごとおちる。
球形で緑色の刮ハができる。
木質はかたく緻密で均質なため、細工ものやはんこなどを作るのに 使われる。

識別点: ツバキサザンカ
 ツバキ :花期は春、花は半開、雄しべは合着、花弁がバラバラにならずに落ちる。
 サザンカ:花期は冬、花は平開、雄しべは合着しない、花弁はバラバラになって落ちる。

自生しているのはおもに5弁の赤い花をつける
これはヤブツバキ であるが、他にも多くの園芸種の椿がある。



果実


刮ハが割れると固い殻に入った種子が現れる。


(2015/10/15)


種子から椿油がとれる。(2015/10/15)


枝を切られて幹から芽を出したツバキ





白ツバキ




1本の木に赤い花と白い花が咲く品種もある。(2016/10/5)


唐子咲き


オトメツバキ






トウツバキ:
花は大きく豪華、枝数は少ない。


トウツバキ


タチカンツバキ:


トガリバツバキ:


ウスバヒメツバキ:


グランサムツバキ:
11月〜2月に直径10〜15センチの大きな白い花を咲かせる。 黄色い雄しべが多数ある。


ユカリツバキ:
葉先が尾状にとがる。11月〜3月に白い小さい花をたくさんつける。香港原産。


リンゴツバキ。果実がリンゴのように大きい。(2016/10/4)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る