オオバコ科


双子葉、合弁花。 用語説明
葉は根生し踏みつけられても育つ。 穂状の花序に放射相称の花をつける。

オオバコ 葉はすべて根生し、数本の脈が目立つ広卵形で、 数本の花茎に小さな花を密につけ、下から上へと咲き上がる

ツボミオオバコ 葉は倒被針形で根生し、茎も葉も白い短毛に覆われて、 数本の花茎に小さな花を穂状につける

ヘラオオバコ 葉は細長いへら形で、長い花茎の先に小さな花を穂状に下から上へと 咲かせ、穂のまわりに雄しべが長くつきだす

ヤツマタオオバコ オオバコより全体に大きく、花穂が枝分かれする

エダウチオオバコ 線形の葉が多段に輪生し、葉腋から出る多数の花柄の先に白い花が頭状に咲く

サイリウム: エダウチオオバコ の別名

オオイヌノフグリ 地面を横に広がり、葉は卵状広楕円形で粗い鋸歯があり、早春に4弁のルリ色の花をつける

イヌノフグリ 横這いし、葉は卵状広楕円形で粗い鋸歯があり、4弁の白っぽい花をつける

ムシクサ 葉は狭被針形で、葉腋に小さいかすかに淡紅色をおびた白い4弁花を 1つつける

クワガタソウ 葉は卵形で鋸歯があり、淡紅紫色の4弁花が咲き、扇形の刮ハができる

クガイソウ 直立する茎に披針形の葉が何段にも輪生し、 淡紫色の小さい花を総状に多数つける

スズカケソウ 葉は尖った卵形で鋸歯があり、 青紫色で筒形の花が葉腋に球状にかたまって咲く

トウテイラン 全体に綿毛があり、葉は倒披針形で、青紫色の花が総状に咲く

双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
総目次へ戻る