ツボミオオバコ

蕾大葉子

双子葉、合弁花、 オオバコ科、 オオバコ属、1〜2年草。 用語説明
花期:春〜秋 4月〜9月
高さ:10〜30センチ
葉は根生して斜上し、3〜10センチの短い倒被針形で、先が短くとがる。 茎も葉も白い短毛に覆われている。
根元で分岐して伸びた数本の花茎の先に、小さな花を穂状につける。 花はほとんど開かないので、つぼみのままでいるように見える。 しかし、場合によって花が開くことがあり、花弁は4枚であることがわかる。 花が開いていないようでも、褐色の葯が花穂を包む。
果実は蓋果(熟すとふたがはずれるように横に割れる)。
北米原産。



双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る