ヤツマタオオバコ

八又大葉子

双子葉、合弁花、 オオバコ科、 オオバコ属、多年草。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:30〜80センチ
トウオオバコの6倍体変種で、 オオバコ より全体に大きく、花穂が枝分かれする。
葉は葉柄の長い卵形で、やや厚く、根生する。
花茎は直立して枝分かれし、淡緑色の小さい花を密につける。 花弁は小さくてほとんど見えない。
果実は楕円形の蓋果で、熟すと上半部がとれる。

(2016/9/28)


花穂は枝分かれする。(2016/9/28)


花は淡緑色で雄しべが白い。(2016/9/28)


葉は卵形で、葉脈が基部から葉先へと併走する。(2016/9/28)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る