アヤメ科


単子葉。 用語説明
球根を持つものの多い多年草で、葉は被針形で長い。
外花被、内花被が各3枚あって、花の基部に 2枚の苞がつく。
果実は刮ハである。

種子から出る子葉は細長い1本の葉である。
葉脈は葉の根元から先まで並行に伸びる。

アヤメ 葉は細い剣形で、花茎の先に紫色の花を2〜3個つけ、 外花被は先が垂れ下がり、基部に網状の模様がある。

フユアヤメ: 冬に長期間花の咲く アヤメ の一品種

カンザキアヤメ: 冬に長期間花の咲く アヤメ の一品種

カキツバタ 葉はやや広い剣形で、花茎の先に紫色の花を2〜3個つけ、 外花被は先が垂れ下がり、基部に白斑がある。

ノハナショウブ 剣形の細い葉を根元から出し、 花茎の先に紫色の花をつけ、 細長い楕円形の刮ハをつける

ハナショウブ: ノハナショウブ の園芸種

キショウブ 剣形の葉を根元から2列出し、 花茎の先に鮮黄色の花をつけ、 楕円形の刮ハをつける

カマヤマショウブ 葉は線形で、青紫色の花をつけ、外花被は先が広く、 付け根部分に網目状の斑紋がある

シャガ 葉は幅広で光沢があり、花茎の先に淡い白紫色の6弁花をつけ、 外花被の端は細かく切れこみ、中央部に橙色と紫色の斑点があり、 花柱も先がいくつかに裂けて小さい花弁のように見える

ヒメシャガ 花茎の先に淡い白紫色の6弁花をつけ、 外花被の端は細かく切れこみ、中央部に橙色と紫色の斑点があり、 球形の朔果をつける

ヒオウギ 葉が檜扇のように重なり合って生え、 夏にオレンジ色で斑点のある6弁花が咲き、 ぬばたまと呼ばれる真っ黒い液果が穂状につく

イチハツ 乾いた所に生え、葉は重なり合ってのび、 アヤメのような花びらの中央部に白いトサカ状の突起がある

ジャーマンアイリス 乾いた所に生え、葉は檜扇のように重なり合ってのび、 春に様々な色の大きなアヤメのような花を咲かせ、中央の2枚の花びらは直立する

ドイツアヤメ: ジャーマンアイリス の別名

ニオイイリス 葉は幅広で重なり合ってのび、 白いアヤメのような花を咲かせ、中央の2枚の花びらは直立する

シロバナイリス: ニオイイリス の別名

オリス: ニオイイリス の別名

ヒメヒオウギズイセン 葉はややかたく、隆起した中脈があリ、 花茎の先に朱赤色の2〜3センチの花を下から上へと順次咲かせる

クロッカス 葉は細長く、 早春に地表近くで白、黄色、紫等の6弁花を咲かせる

ニワゼキショウ 茎は扁平で葉は細く、茎の先に紫色または白紫色の6弁花をつけ、 花被片には濃い紫色のすじがあり、中心部は黄色い

オオニワゼキショウ ニワゼキショウ とよく似ているが、 草丈が1.5倍ぐらい大きい、花は約1センチと小さい、刮ハはやや大きい
という違いがある

単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る