クロッカス


単子葉、 アヤメ科、 クロッカス属、球根植物、多年草。 用語説明
花期:冬〜春 2月〜3月
高さ:10〜20センチ
根茎は直径4センチぐらいで、秋に植える。 根生葉は革質の鞘に覆われた形で芽を出し、線形で厚みがある。 主脈上に白い筋があり、 花後に伸び、夏には地上部が枯れる。
早春に線状の葉がわずかに出たところで、 地中から出る花茎の先に白、黄色、紫等の6弁花を1個咲かせる。 冬の寒さに会わないと花があまり咲かない。
日差しがあって暖かくなると咲いて、日差しが弱くなるか寒くなると閉じる。
初夏に刮ハが実り、楕円形で褐色の種ができる。
地中海沿岸原産。

(2007/3/13)


紫の花もある。(2016/2/29)


黄色い花もある。(2016/2/19)


葉は線形で、白い筋がある。(2016/2/29)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る