ジャーマンアイリス


単子葉、 アヤメ科、 アイリス属、球根植物、夏緑、多年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:40〜100センチ
別名:ドイツアヤメ
乾いた土に生える。寒さに強い。 球根のように太い根茎で増える。
葉は幅広で、筋はなく、扁平で、 檜扇のように根元から重なり合って生える。
春に花茎を立て、黄、青、紫、白など、 様々な色の大きなアヤメのような花を数個咲かせる。 中央の花弁3枚は直立し、 垂れ下がる外花被片3枚の中央部にブラシ状の突起がある。
刮ハができると花の勢いが弱まる。
ヨーロッパの園芸種で、野生種はない。

識別点: アヤメカキツバタイチハツキショウブノハナショウブジャーマンアイリス
 アヤメ  :花期5月、乾いた土、葉は細長い、外花被基部に網状模様、花は青紫か白。
 カキツバタ:花期5月、湿地、葉は幅広、外花被基部に3角形の白斑。
 イチハツ :花期4月5月、乾いた土、葉は幅広、外花被中央部に白いトサカ状の突起。
 キショウブ :花期5月、湿地、葉は細長い、花は黄色。
 ハナショウブ:花期6月、湿地、葉は細長い、花は紫、外花被基部に三角形の黄斑、中脈が太い。
 ジャーマンアイリス:花期4月5月、葉は幅広、中2枚の花びらは直立、外花被中央部にブラシ状の突起。
 ダッチアイリス  :花期4月5月、葉はやや細くて巻く、外花被中央部に突起なし。



外花被片の中央部にブラシ状の突起がある。(2016/4/29)


中央の花弁3枚が直立する。(2017/4/22)


蕾を包む苞は大きい。(2017/5/2)


葉は根元から重なり合って生える。


さまざまな色がある。










刮ハは楕円形


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る