イチハツ

一初

単子葉、 アヤメ科、 アヤメ属(アイリス属)、球根植物、夏緑、多年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:30〜60センチ
乾いた土に生え、乾燥に強い。 黄色い根茎があり、群生する。
葉は3〜4センチと幅広で薄く、光沢はない。 根元から檜扇状に重なり合って生える。
花茎は分岐する。
花は約10センチで、紫色が多いが希に白もある。 内花被片は小さく、 外花被片は倒卵形で大きく、濃紫色の斑点がある。 アヤメにくらべ、花びらの中央部に白いトサカ状の突起がある。
楕円形の刮ハができる。
アヤメ属のうちで一番早く咲く(ので一初)。
中国原産。

識別点: アヤメカキツバタイチハツキショウブノハナショウブジャーマンアイリス
 アヤメ  :花期5月、乾いた土、葉は細長い、外花被基部に網状模様、花は青紫か白。
 カキツバタ:花期5月、湿地、葉は幅広、外花被基部に3角形の白斑。
 イチハツ :花期4月5月、乾いた土、葉は幅広、外花被中央部に白いトサカ状の突起。
 キショウブ :花期5月、湿地、葉は細長い、花は黄色。
 ハナショウブ:花期6月、湿地、葉は細長い、花は紫、外花被基部に3角形の黄斑、中脈が太い。
 ジャーマンアイリス:花期4月5月、葉は幅広、中2枚の花びらは直立、外花被中央部にブラシ状の突起。
 ダッチアイリス  :花期4月5月、葉はやや細くて巻く、外花被中央部に突起なし。

外花被にトサカ状の突起がある。


花径は分枝する。(2015/5/6)


葉はアヤメより幅が広い。(2015/5/6)


葉には隆起した筋がある。(2015/4/26)


葉は檜扇状に重なり合う。


(2016/10/15)


果実は先に突起のある楕円形。(2015/6/1)


(2015/6/1)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る