ツクバネウツギ

衝羽根空木

双子葉、合弁花、 スイカズラ科、 ツクバネウツギ属、落葉、低木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:2メートル
樹皮は灰褐色で、よく分枝する。
葉は対生し、先の細くなった2〜6センチの卵形〜楕円状卵形で、 不規則な鋸歯がある。 表面葉脈上に毛があり、葉裏の主脈の基部の脇には白い毛が密生する。
初夏に 新枝の先に白色か淡黄色、または淡紅色を帯びた花を2つずつ咲かせる。 花冠は2〜3センチの漏斗状で、唇形に開いた下唇の内側に橙色の網状紋がある。
果実は長さ8〜14ミリの細い棒状のそう果で、 その上端に5枚の萼片がプロペラ状に残り、9〜11月に熟す。 細い円柱形の種子をもつ。

識別点: ツクバネウツギコツクバネウツギベニバナノツクバネウツギタイワンツクバネウツギアベリア
 ツクバネウツギ:花は白で2〜3センチのが2個ずつつき、内側に橙色の網目模様あり、萼は褐色で5枚。
 コツクバネウツギ:花は黄白色で1〜2センチのが1〜7個、内側に橙色の網目模様あり、萼2枚
 ベニバナツクバネウツギ:花は紅で2〜3センチのが2個ずつつき、内側に橙色の網目模様あり、萼5枚。
 タイワンツクバネウツギ:花は長さ0.5〜1センチで白く、萼は淡褐色で5枚。
 アベリア:花は白で1.5〜2センチのが数個ずつつき、萼は褐色で5枚が多く、花期長く、不稔。



葉は先の細くなった卵形〜楕円状卵形で不規則な鋸歯があり、対生する。


花は2つずつ咲くことが多く、内側に橙色の網状紋がある。(2016/4/29)


蕾。(2015/9/23)


茎は灰褐色でよく分枝する。


果実は棒状で先に5枚の萼片がプロペラ状(羽根つきの羽状(つくばね状))に残る。Photo by H. O.


キバナツクバネウツギ


タイワンツクバネウツギ


タイワンツクバネウツギ?


タイワンツクバネウツギ?


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る