ハコネウツギ

箱根空木

双子葉、合弁花、 スイカズラ科、 ハコネウツギ属、落葉、低木〜小高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:3〜5メートル
幹は下部から分枝して繁る。 樹皮は灰褐色で、縦に裂ける。 若枝は無毛。
葉は対生し、5〜15センチの楕円形で先がとがり、細かい鋸歯があり、 少し光沢がある。 葉裏は無毛に近いが脈上に少し毛がある。
初夏に枝先や葉腋に白から紅紫色に変化する花を2〜3個ずつつける。 萼片は5枚あり、花冠は5裂する。花筒は下半部は細いが上半部は漏斗状に広がる。
円筒形の刮ハがつく。裂開すると楕円形で翼のある種子が出る。

識別点: タニウツギニシキウツギハコネウツギベニウツギヤブウツギ
 タニウツギ  :花は紅色で内側は淡紅色、萼有毛、葉裏に白毛密生。
 ニシキウツギ :花が白→紅色に変化、萼有毛、葉裏脈上に毛。
 ハコネウツギ :花が白→紅紫色に変化、葉裏は無毛に近い。
 ベニウツギ  :花は濃紅色で内側も紅色、萼有毛、葉裏に白毛密生。
 ヤブウツギ  :花は濃い紅色、萼と若枝に開出毛密生、葉裏にも開出毛。



先が漏斗状に広がって5裂した花を数個ずつつける。色は白から紅紫色に変化する。


柱頭の先は頭状となる。 (2018/5/19)


(2015/5/16)


蕾は赤い。(2015/5/1)


葉は対生し、楕円形で先がとがり、少し光沢がある。






樹皮は灰褐色で、縦に裂け、幹は下部からよく分枝する。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る