ニシキウツギ

二色空木

双子葉、合弁花、 スイカズラ科、 タニウツギ属、落葉、小高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:5メートル
幹は下部からよく分枝して、密に繁る。 樹皮は灰褐色で縦の裂け目があり、若枝は茶褐色。 枝先が垂れる。
葉は5〜12センチの楕円形で、先が尾状にとがり、細かい鋸歯があり、対生する。 裏面脈沿いに白毛が密生する。
枝先や葉腋に散房花序を出し、2.5〜3.5センチの漏斗状の花をつける。 花冠の先は5裂する。 花ははじめ白いが次第に紅色に変わる。 萼に毛があることが多い。
子房は長さ1〜1.4センチの円筒形で、花柱が花筒から少し突き出る。
長さ2〜3センチの円筒形のかたい刮ハがつき、11月頃熟して裂開し、 楕円形で翼のある種子が出る。

ベニバナニシキウツギは、はじめから濃紅色の花を咲かせるものを表す。

識別点: タニウツギニシキウツギハコネウツギベニウツギヤブウツギ
 タニウツギ  :花は紅色で内側は淡紅色、萼有毛、葉裏に白毛密生。
 ニシキウツギ :花が白→紅色に変化、萼有毛、葉裏脈上に毛。
 ハコネウツギ :花が白→紅紫色に変化、葉裏は無毛に近い。
 ベニウツギ  :花は濃紅色で内側も紅色、萼有毛、葉裏に白毛密生。
 ヤブウツギ  :花は濃い紅色、萼と若枝に開出毛密生、葉裏にも開出毛。

枝先や葉腋に数個ずつ花をつける。


花の色が白→紅色と変わる。(2016/4/29)


花の基部は細いが途中で鐘形に広がり、花冠は5裂する。(2016/4/29)


葉は楕円形で鋸歯があり、対生する。


円筒形の刮ハが束になってつく。


樹皮は灰褐色で縦の裂け目がある。(2016/4/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る