タニウツギ

谷空木

双子葉、合弁花、 スイカズラ科、 タニウツギ属、落葉、低木〜小高木。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:5メートル
株立ちとなり、樹皮は灰褐色で縦に裂けてはがれ落ちる。
葉は先が鋭くとがった4〜10センチの卵状楕円形で鋸歯があり、 対生し、葉裏の脈に白毛が密生し、葉柄は赤みを帯びる。
初夏に枝先や上部の葉腋の散房花序に紅色の花をつける。 花冠の内側は淡紅色。 花冠は長さ2.53センチの漏斗状で、先は5裂し、 花柱は白くて花筒から少し突き出る。 萼に毛がある。
果実は長さ1.2〜1.8ミリの円筒形のかたい朔果であり、 10月ごろ熟すと上部が2裂して、 長さ1ミリぐらいの楕円形で翼のある種子がでる。
花の色の濃い園芸種は ベニウツギ と呼ばれる。

識別点: タニウツギニシキウツギハコネウツギベニウツギヤブウツギ
 タニウツギ  :花は紅色で内側は淡紅色、萼有毛、葉裏に白毛密生。
 ニシキウツギ :花が白→紅色に変化、萼有毛、葉裏脈上に毛。
 ハコネウツギ :花が白→紅紫色に変化、葉裏は無毛に近い。
 ベニウツギ  :花は濃紅色で内側も紅色、萼有毛、葉裏に白毛密生。
 ヤブウツギ  :花は濃い紅色、萼と若枝に開出毛密生、葉裏にも開出毛。









葉は先のとがった卵状楕円形で鋸歯がある。


花芽。




幹は株立ちし、樹皮は灰褐色で縦にひび割れる。(2016/4/29)


ベニウツギ


オオベニウツギ


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る