タイワンツクバネウツギ

台湾衝羽根空木

双子葉、合弁花、 スイカズラ科、 ツクバネウツギ属、常緑、低木。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜9月
高さ:2メートル
茎は直立したのち密に分枝し、湾曲する。 樹皮は灰褐色で縦の裂け目がある。
葉は長さ0.7〜2センチの先のとがった卵形で、対生する。 鈍い鋸歯がある。
枝先に長さ0.5〜1センチの白い漏斗状の花を集散状に多数密生させる。萼片は淡褐色で5個ある。
細長い紡錘形のそう果をつけ、その上端には5枚の萼片が残って、 羽子板で突くつくばねのようになる。
近縁種の ツクバネウツギ では、花の内側に橙色の網状紋があるが、タイワンツクバネウツギ では網状紋がない。
南西諸島の岩場に生える絶滅危惧種。

識別点: ツクバネウツギコツクバネウツギベニバナノツクバネウツギタイワンツクバネウツギアベリア
 ツクバネウツギ:花は白で2〜3センチのが2個ずつつき、内側に橙色の網目模様あり、萼は褐色で5枚。
 コツクバネウツギ:花は黄白色で1〜2センチのが1〜7個、内側に橙色の網目模様あり、萼2枚
 ベニバナツクバネウツギ:花は紅で2〜3センチのが2個ずつつき、内側に橙色の網目模様あり、萼5枚。
 タイワンツクバネウツギ:花は長さ0.5〜1センチで白く、萼は淡褐色で5枚。
 アベリア:花は白で1.5〜2センチのが数個ずつつき、萼は褐色で5枚が多く、花期長く、不稔。

漏斗状の白い花が咲き、花冠は5裂する。


(2016/10/2)


花の内側に網状紋がない。(2016/10/2)


萼片が羽根つきの羽のような形となって、花後も残る。(2015/10/28)


葉は先のとがった卵形で、対生する。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る