ヤシ科


単子葉。 用語説明

幹に年輪がなく、太さ一定の円柱となり、 断面には繊維が均質に並んでいる。
葉は掌状に切れ込むものや羽状複葉となるものが多く、基部は茎を抱く。 葉が幹の頂部分に輪生状につくものが多い。

シュロ 幹は古い葉鞘の褐色の繊維に包まれていて、 葉は直径50〜80センチの円形で掌状に深く切れ込み、 葉柄は断面が3角形で長さが1メートルぐらいあり、 古い葉の先は折れて垂れ下がる

ワジュロ: シュロ の別名

トウジュロ 幹は古い葉鞘の褐色の繊維に包まれていて、 葉は直径50〜80センチの円形で掌状に深く切れ込み、 葉柄は断面が3角形で長さが1メートルぐらいあり、葉の先は垂れ下がらない

チャボトウジュロ 幹は古い葉鞘の褐色の繊維に包まれていて、 葉は直径50〜80センチの円形で、掌状に深く切れ込んだ裂片の先がさらに2裂し、 葉柄は断面が3角形で長さが1メートルぐらいある

オキナヤシ 幹に葉痕が環状に残り、 葉の裂片の先が裂けて白髪のように垂れ下がり、 枯葉が長く残って垂れ下がり、幹をマントのように覆う

カナリーヤシ 長い羽状複葉が頂部から弓なりに垂れ下がり、 楕円形の液果ができる

フェニックス: カナリーヤシ の別名

ビンロウ 円柱状の幹の頂部に大きな羽状複葉が集まり、 卵形の果実が橙色に熟す

アレカヤシ タケのような幹に羽状複葉が互生し、小葉は線形

コガネタケヤシ: アレカヤシ の別名

単子葉-科名-目次へ戻る
単子葉-目次へ戻る
総目次へ戻る