イタドリ

虎杖

双子葉、離弁花、 タデ科、 タデ属、多年草。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:0.3〜1.5メートル
種子のほかに地下茎を横にのばすことでもふえる。 茎は太く中空で多くの節があり、折るとポコッと音がする。 若茎には紅紫色の斑点がある。
葉は先のとがった卵形で互生し、短毛があり、若葉には赤い斑紋がある。
雌雄異株で、夏に葉腋から出る複総状花序に白か赤みを帯びた小さな 花を多数つける。花冠は5裂する。
果実はそう果で、秋に3つの翼を持つ果実を多数つける。
若芽や若葉は酸味があり、山菜として食される。
イタドリ(タデ属)の芽だしをスカンポと呼ぶこともあるが、 スカンポはスイバ(ギシギシ属)の別名でもある。。

識別点: イタドリスイバギシギシエゾノギシギシアレチギシギシ
 イタドリ:葉の基部が矢じり形で、葉裏が粉白色を帯び、1つの枝の各葉腋から花穂がのび、花色は白に近い。
 スイバ :葉の基部が矢じり形で上部の葉は茎を抱き、茎の先に赤褐色の花序を出す。
 ギシギシ:葉の基部が心形で、茎の先に緑色の花序を出し、そう果の翼に鋸歯がある。
 エゾノギシギシ:葉は基部が心形で、ギシギシより幅広で大きく、花穂は黄褐色、そう果の翼に棘がある。
 アレチギシギシ:花序がまばらで、花序の軸やそう果が赤みをおび、翼は小さくて鋸歯がない。

多数の総状花序に白い花が咲く。




花被片は5裂する。(2015/10/22)


3翼のあるそう果が多数ぶら下がる。(2016/10/2)


葉は先が急にとがる卵形で、互生する。(2015/6/10)


若芽は太くて直立する。




花が赤みを帯びた品種。もっと赤いのはメイゲツソウ。(2015/10/22)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る