ギシギシ

羊蹄

双子葉、離弁花、 タデ科、 ギシギシ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜10月
高さ:0.6〜1メートル
茎は直立し、太い。
葉は互生し、長さ10〜25センチの長楕円形で、 基部は円形〜浅い心形で、ふちが大きく波打つ。
雌雄同株で、 茎の上部に多数の総状花序を枝分かれさせながら出し、 淡緑色の小さい花が輪生したものを密につける。
花のあと、内花被片が翼状になって鋸歯をもち、その中央が こぶ状にふくらんだそう果をつける。

識別点: イタドリスイバギシギシエゾノギシギシアレチギシギシ
 イタドリ:葉の基部が矢じり形で、葉裏が粉白色を帯び、1つの枝の各葉腋から花穂がのび、花色は白に近い。
 スイバ :葉の基部が矢じり形で上部の葉は茎を抱き、茎の先に赤褐色の花序を出す。
 ギシギシ:葉の基部が心形で、茎の先に緑色の花序を出し、そう果の翼に鋸歯がある。
 エゾノギシギシ:葉は基部が心形で、ギシギシより幅広で大きく、花穂は黄褐色、そう果の翼に棘がある。
 アレチギシギシ:花序がまばらで、花序の軸やそう果が赤みをおび、翼は小さくて鋸歯がない。



緑色の小さい花が輪生して咲く。


花は小さくてわかりにくいが、緑色の花冠が幾つかに裂け、葯が黄色い。 (2010/5/17)


花が果実に変わり始めている。 (2010/5/17)


果実はそう果で、内花被片が翼状となり、種子になる部分がこぶ状に盛り上がる。 (2014/5/11)


果実(そう果)は密集してつく。


果実が大きくなると、翼が赤身を帯びる。 (2009/6/9)


この個体では、翼の鋸歯はあまり明瞭でない。 (2009/6/9)


果実は熟すと赤褐色になる。 (2012/8/25)


茎は太くて筋がある。(2015/4/26)


葉は浅い心形で、ふちが大きく波打つ。


枝先に円錐花序がのびる。




根生葉は茎葉より葉柄が長いようである。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る