ユウスゲ

夕菅

単子葉、 ユリ科、 ワスレグサ属、球根植物、多年草。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:1〜1.5メートル
別名:キスゲ
根茎はあるが、芋のようなふくらみはない。
葉は細長い線形で、左、右、左、右と、 2列になって互生状に根生(2列根生)する。
夏に長い花茎の先に二叉状に分岐する集散花序をつけ、ラッパ形で花冠の6裂する 淡黄色の花を咲かせる。筒部は2.5〜3センチある。
花は夕方開いて翌朝にしぼむ。
楕円形の刮ハを上向きにつける。種子は卵形で、黒くて光沢がある。

識別点: ユウスゲノカンゾウヤブカンゾウヒメカンゾウハマカンゾウトウカンゾウヘメロカリス
 ユウスゲ  :夏緑、黄色、一重、7〜8月、夕方咲く。
 ノカンゾウ :夏緑、赤橙、一重、7〜8月、朝咲く、湿地に生える。
 ヤブカンゾウ:夏緑、赤橙、八重、7〜8月、朝咲く。
 ヒメカンゾウ:夏緑、黄橙、一重、5〜6月、朝咲く、小さい。
 ハマカンゾウ:常緑、赤橙、一重、7〜9月、朝咲く、海岸に生える。
 トウカンゾウ:常緑、黄橙、一重、5〜7月、朝咲く。
 ヘメロカリス:夏緑、多彩、一重八重、6〜8月、朝咲く。



長さ1メートル近くの線形の葉が2列根生する。(2016/4/15)


葉は中央脈がへこみ、途中で折れて垂れる。(2015/5/6)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る