トウカンゾウ

唐萱草

単子葉、 ユリ科、 ワスレグサ属、球根植物、常緑、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜7月
高さ:30〜100センチ
別名:ワスレグサ、ナンバンカンゾウ
葉は広線形で根生し、湾曲する。 縁が波打つこともある。
直立する花茎の先に、明るい黄橙色の6弁の漏斗形花をつける。 朝咲いて夕方しぼむが、 1本の茎に蕾がいくつもあり、時期をずらしながら、 次々に咲いてゆく。 花弁には縦筋がある。
刮ハの実ることがある。
ハマカンゾウ などより花期が早い。
中国から渡来したと思われていたが、 長崎県男女群島などに自生していることがわかった。 それが幕末に西洋にわたって、 ヘメロカリス などの母種になったと言われる。

識別点: ユウスゲノカンゾウヤブカンゾウヒメカンゾウハマカンゾウトウカンゾウヘメロカリス
 ユウスゲ  :夏緑、黄色、一重、7〜8月、夕方咲く。
 ノカンゾウ :夏緑、赤橙、一重、7〜8月、朝咲く、湿地に生える。
 ヤブカンゾウ:夏緑、赤橙、八重、7〜8月、朝咲く。
 ヒメカンゾウ:夏緑、黄橙、一重、5〜6月、朝咲く、小さい。
 ハマカンゾウ:常緑、赤橙、一重、7〜9月、朝咲く、海岸に生える。
 トウカンゾウ:常緑、黄橙、一重、5〜7月、朝咲く。
 ヘメロカリス:夏緑、多彩、一重八重、6〜8月、朝咲く。

葉は広線形で湾曲する。(2016/4/15)


葉は左右交互に根生する。(2016/4/15)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る