ヤブカンゾウ

藪萱草

単子葉、 ユリ科、 ワスレグサ属、球根植物、多年草。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:80センチ
根は先端部が紡錘状に大きくなり、 匐枝で増えて群生する。
葉は左右2列に根生し、長さ40〜60センチの広線形で、 若葉は食べられる。
直立する80〜100センチの花茎の先が枝分かれして集散花序を構成し、 直径8センチぐらいのユリ型をした 橙赤色の八重咲きの花を数輪咲かせる。 (雄しべの一部が花弁状となって八重咲きとなる。 ノカンゾウ は一重咲き。) 一日花で夕方にはしぼむ。
3倍体のため、結実しない。 冬には地上部は枯れる。

識別点: ユウスゲノカンゾウヤブカンゾウヒメカンゾウハマカンゾウトウカンゾウヘメロカリス
 ユウスゲ  :夏緑、黄色、一重、7〜8月、夕方咲く。
 ノカンゾウ :夏緑、赤橙、一重、7〜8月、朝咲く、湿地に生える。
 ヤブカンゾウ:夏緑、赤橙、八重、7〜8月、朝咲く。
 ヒメカンゾウ:夏緑、黄橙、一重、5〜6月、朝咲く、小さい。
 ハマカンゾウ:常緑、赤橙、一重、7〜9月、朝咲く、海岸に生える。
 トウカンゾウ:常緑、黄橙、一重、5〜7月、朝咲く。
 ヘメロカリス:夏緑、多彩、一重八重、6〜8月、朝咲く。



花は八重


(2015/7/11)




花茎の先に新しい蕾が次々とでき、毎日新しい一日花が咲く。(2015/7/2)


若葉


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る