ノカンゾウ

野萱草

単子葉、 ユリ科、 ワスレグサ属、球根植物、夏緑、多年草。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:70〜90センチ
畦などのやや湿った所に生える。 根はひも状で、先が芋になっている。
葉は幅1〜1.5センチの線形で、 根元から古い葉を押し分けるように出て、 左右交互に弓なりにまがる。 若葉は柔らかくて食べることができる。
直立する70〜90センチの花茎の上部に、 ユリの花の形をした6弁で橙赤色の一重咲きの花を上向きに咲かせる ( ヤブカンゾウ は八重咲き)。
花筒は長さ3〜4センチで細長く (ヤブカンゾウやハマカンゾウより細くて長く)、 色は橙赤色〜赤褐色と変化が多い。 赤いものはベニカンゾウと言われる。
一日花で朝咲いて夜にはしぼむが、1本の花茎が何度も二叉に分かれ、 蕾をいくつもつけて次々と咲いてゆく。
ほとんど結実しないが、人工授粉すると、3稜のある刮ハができて、 黒光りする種子の実ることがある。

識別点: ユウスゲノカンゾウヤブカンゾウヒメカンゾウハマカンゾウトウカンゾウヘメロカリス
 ユウスゲ  :夏緑、黄色、一重、7〜8月、夕方咲く。
 ノカンゾウ :夏緑、赤橙、一重、7〜8月、朝咲く、湿地に生える。
 ヤブカンゾウ:夏緑、赤橙、八重、7〜8月、朝咲く。
 ヒメカンゾウ:夏緑、黄橙、一重、5〜6月、朝咲く、小さい。
 ハマカンゾウ:常緑、赤橙、一重、7〜9月、朝咲く、海岸に生える。
 トウカンゾウ:常緑、黄橙、一重、5〜7月、朝咲く。
 ヘメロカリス:夏緑、多彩、一重八重、6〜8月、朝咲く。

(2016/7/28)


長さ約7センチの6弁で橙赤色の花が咲く。濃淡の筋模様がある。(2016/8/6)




群生する。




1つの茎が枝分かれを繰り返して蕾をたくさんつけ、花が次々と咲く。


葉は根元の中央部から次々と出て、左右交互に曲がる。(2016/5/5)




葉は途中で折れ曲がることが多い。(2016/5/5)




シナカンゾウ。赤みの強い6弁花が咲く。(2015/5/6)




単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る