ヤマノイモ科


単子葉。 用語説明
地中に芋ができ、 つる性で、葉腋にムカゴがつきイモができるヤマノイモ属と、根茎は横にのびるが イモはできないオニドコロのなかまがある。 花被は6枚で果実は3室に分かれる。

ヤマノイモ 茎が他のものにまきつき、 葉は三角状披針形で、雌雄異株で、葉腋から直立する雄花と、垂れ下がる雌花 があり、ムカゴのつくことがある

ジネンジョ: ヤマノイモ の別名

ナガイモ つる性で、葉は細長い三角状心形で基部が丸く左右に張り出し、 細長い芋ができ、葉腋にむかごができる

ツクネイモ: ナガイモ で芋が塊状となる品種

イチョウイモ: ナガイモ で芋がイチョウの葉状となる品種

ウチュウイモ 葉は円心形で、葉腋に偏球形のおおきなムカゴができる

エア・ポテト: ウチュウイモ の別名

ニガカシュウ 葉は円心形で、長い花穂が垂れ、花冠は紫色となり、 イボのあるムカゴができる

カシュウイモ 葉は円心形で、葉腋に直径約2センチのムカゴができる (ウチュウイモはカシュウイモの別名かもしれないが、ムカゴの大きさが違いすぎる)

オニドコロ つる性で、葉は5〜12センチの先のとがった円心形〜三角状心形で、 雌雄異株であり、雄花序は直立し、雌花序は垂れ下がり、ムカゴはつかず、 朔果には3翼がある

トコロ: オニドコロ の別名

ヒメドコロ オニドコロと似ているが、葉が細く、雄花序が垂れ下がる

エドドコロ: ヒメドコロ の別名

カエデドコロ つる性で、葉はカエデの葉に似ており、中央裂片は先がとがるが、 他の裂片は先がまるく、両面に短毛があり、雌雄異株で、花は6弁で黄色く、刮ハに3枚の翼がある

タチドコロ

単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る