アケビドコロ

木通野老

単子葉、 ヤマノイモ科、 ヤマノイモ属、つる性、多年草。 用語説明
花期:秋 10月〜11月
沖縄などで生育する。
長さ1〜1.5メートルの太い根塊がある。
つる状の茎は反時計回りに巻付き、 10メートルぐらいまでのびる。 茎には黄褐色の微毛があり、少し棘がある。
長い葉柄のある掌状複葉が互生し、 長楕円形の小葉が5枚(ときには3枚)あり、 その葉身は長さ3〜15センチで、 不規則に軽く波打つことがあり、 両面に短毛がある。
(名前にアケビという語が入っているが、 アケビ は双子葉植物で、 単子葉植物のアケビドコロとは 掌状複葉であること以外に共通点はなく、 全く異なる植物である。)
葉腋から出る細長い総状花序に、小さな黄色い5弁花が並ぶ。 花弁には厚みがある。
雌花には膨らんだ子房がつき、赤褐色の毛が密生し、 長さ2〜2.5センチの長楕円形の果実状となるが、 日本では種子はできない。
葉腋に淡褐色で低い突起のあるムカゴができることがよくあり、 日本ではムカゴによって増やすことが多い。
根塊は有毒であるが、煮ると毒が消えて食べることができる。
ポリネシア原産。

(2018/10/20)


葉は掌状複葉で、小葉は5枚ある。 (2018/10/20)


小葉は長楕円形で、中央のものが他より大きい。 (2018/10/20)


葉腋にむかごがつく。 (2018/10/20)


茎や葉柄の所々に低い棘がある。 (2018/10/20)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る