ウチュウイモ

宇宙芋

単子葉、 ヤマノイモ科、 ヤマノイモ属、つる性、多年草。 用語説明
花期:夏 8月〜10月
別名:エア・ポテト
偏球形の根茎があり、ひげ根が多数出る。 つるは長さ10メートルぐらいにのびて他のものに巻き付く。
葉は円心形で互生し、葉脈が明瞭である。
雌雄異株で、葉腋から垂れ下がる穂状花序に、 白くて小さい6弁花を多数つける。花被片は反り返る。
葉腋に大きな偏球形のむかごをつける。 (これは雌花からできたものではなく、茎からできた肉芽。) 大きいものは長経10センチ以上で、300グラムちかくなる。 食用にするのは主にむかごであるが、根茎も食べられる。
寒さには弱く、種芋は寒くない室内で冬越しさせる必要がある。
熱帯アジア原産。





葉は円心形で薄く、よく茂る。


(2016/10/15)


白い小さい花が咲くが、果実はほとんど見られない。(2016/10/15)


葉腋でむかごが成長しはじめる。(2016/10/15)


大きなむかごとなる。




棚で栽培されることもある。(支柱や棚などは丈夫に作る必要がある。) (2017/10/31)


むかごは偏球形。(2015/10/10)


様々な形のむかごができる。(2013/11/23)


むかごを食べる。(2015/10/10)


蒸すと皮が簡単にむける。(2015/10/10)


霜の降りる前に収穫しないと傷む。(2016/11/20)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る