タンポポ

蒲公英

双子葉、合弁花、 キク科、 タンポポ属、舌状花のみ。多年草。 用語説明
花期:春 3月〜5月、セイヨウタンポポは3月〜9月
高さ:15〜30センチ
花茎は中空で直立し、分岐せず、葉もつけない。
葉は根生し、羽状に深裂する。
中心部から花茎をのばし、頂きに5歯のある舌状花のみから なる頭花を1個つける。 頭花は日が当たると開き曇ると閉じる。
葉や茎を切ると白い乳液がでる。
長くのびた茎の先に、 冠毛のついた褐色のそう果が多数毛玉のようになってつき、風でとぶ。

識別点: カントウタンポポトウカイタンポポタンポポセイヨウタンポポシロバナタンポポ
カントウタンポポ:総苞片は直立し、頭花は直径3.5〜4センチと大きい。
トウカイタンポポ:総苞片は直立し、その先端に角状突起がある。
カンサイタンポポ:総苞片は直立し、頭花は直径2〜3センチと小さい。
セイヨウタンポポ:総苞片が反り返る。単為生殖する。
シロバナタンポポ:舌状花が白い。単為生殖する。



花は舌状花のみ


そう果


冬季のロゼットは赤くなる(12月の例)。


群生するタンポポ


カントウタンポポ(総苞片が直立する)


カントウタンポポ(総苞片が直立する)




カントウタンポポ




セイヨウタンポポ(総苞片が反り返る)


トウカイタンポポ(総苞片の先に角状の突起があり、総苞片は直立することが多い)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る