シラヤマギク

白山菊

双子葉、合弁花、 キク科 シオン属 筒状花と舌状花をもつ。多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:1〜1.5メートル
別名:ムコナ(婿菜)
茎は細くて直立し、上方で分枝する。 茎や葉に短毛があってざらつく。
根生葉は幅広の心形で、先がとがり、鋸歯がある。 下部の葉は9〜24センチの心形で、狭い翼のある長い柄があり、 縁には粗い鋸歯がある。上部の葉は被針形で互生し、小さくて柄も短い。
枝先に直径約2センチの頭花を数個ややまばらにつける。 白い舌状花は筒状花の直径に比べて長く、6枚〜8枚ぐらいが 等間隔ではなく並ぶ。 舌状花は重なり合わないことが多い。 筒状花は開いた花弁は黄色いが、 伸び上がってくる部分などが白いことが多いので、 全体として白っぽく見えることが多い。 総苞片は3列にならぶ。
そう果はやや丸い倒被針形で、3.5〜4ミリの冠毛がある。

識別点 -- ノコンギクシロヨメナイナカギクシラヤマギク の区別:
 ノコンギク:茎はよく枝分かれして短毛が密生し、葉は鋸歯のある長楕円形で3脈が目立ち、舌状花は淡青紫色で総苞は半球形で花柄が短く、冠毛がとても長い。。
 シロヨメナ:茎は直立し、葉は鋸歯のある長楕円状被針形で先がとがって光沢があり、基部はくさび形で、舌状花は白く総苞は筒状。
 イナカギク:葉は鋸歯のある長楕円状被針形で先がとがり、基部はやや茎をいだき、両面に白い短毛が密生し、舌状花は白く総苞は鐘形。
 シラヤマギク:下葉は柄が長い心形、上葉は小さい被針形で、6〜8枚の白い舌状花が不等間隔に並び、筒状花は白っぽく、総苞片が3列に並ぶ。



舌状花は白く、不等間隔で並ぶ。


筒状花の花弁は黄色いが、全体としては白っぽいことが多い。


舌状花は6〜8枚。(2016/11/20)


(2015/9/30)


葉に鋸歯があり、葉柄には少し翼がある。上部の葉は被針形。


上部の葉は被針形で、葉裏は白緑色。(2016/9/28)


根生葉は心形で、下方の茎葉は葉柄が長くて翼がある。(2015/5/6)


花径が細長くのびる。(2016/12/2)




茎は上部でよく分枝する。(2016/9/28)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る