オオベニタデ

大紅蓼

双子葉、離弁花、 タデ科、 イヌタデ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:1〜1.5メートル
別名:ベニバナオオケタデ
茎は太くて直立したのち分枝する。
葉は先の少しとがった広卵形〜卵形で、 長さ10〜20センチと大きく、 基部は心形〜円形で、葉柄が長く、互生する。
枝先に長さ5〜10センチの花穂を出し、 紅色で萼の5深裂した小さい花を多数密集してつける。
そう果は扁平で丸い。
オオベニタデは オオケタデ の一種として扱われることもある。
中国原産。

識別点: イヌタデハナタデオオイヌタデオオベニタデオオケタデ
 イヌタデ  :20〜50センチで、夏〜秋に咲き、花は紅色で密につき、穂は3〜5センチ、葉は広披針形でとがる。
 ハナタデ  :30〜60センチで、夏〜秋に咲き、花は淡紅色でやや疎につき、穂は3〜5センチ、葉は長卵形で長くとがる。
 ハルタデ  :30〜60センチで、春〜夏に咲き、花は白〜淡紅色、穂は3〜5センチ、葉は披針形で長くとがる。
 オオイヌタデ:1〜2メートルと大きく、花は淡紅色、穂は3〜7センチで垂れ、葉は披針形でとがる。
 オオベニタデ:1.5メートル位で、花は濃紅色、穂は5〜10センチで垂れ、葉は広卵形で先は少しとがる。
 オオケタデ :1.5メートル位で毛が多く、花は紅色、穂は約10センチで垂れ、葉は広卵形で先は少しとがる。

(2015/9/29)


(2015/9/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る