イモカタバミ

芋傍食

双子葉、離弁花、 カタバミ科、 カタバミ属、多年草。 用語説明
花期:春〜秋 4月〜9月
高さ:10〜30センチ
地中に茎が変形した塊茎を作り、それを隣接増殖させて群落を作る。
根から直接出た細長い柄の先にハート形の3小葉をつける。 葉裏の縁近くに褐色の点がある。
根から出た細長い花柄の先が数個に枝分かれし、 その先に濃い紅紫色の5弁花をつける。 花弁に濃紫色の筋があり、花の中心部の色が濃い。 花は日が照っていると咲き、夕方に閉じる。
結実しない。

識別点: カタバミオッタチカタバミムラサキカタバミイモカタバミオキザリス
 カタバミ    :花が黄色い、地を這って広がり、主として種で増え、果柄は斜上〜横向き。
 オッタチカタバミ:花が黄色い、茎は立上り、主として種で増え、果柄は下垂。
 ムラサキカタバミ:花が紅紫色で葯が白い、地中に多数の鱗茎を作って散らばらせる。
 イモカタバミ  :花が紅紫色で中心部は濃紅色、葯が黄色い、葉裏に褐色の点、地中の塊茎によって群落を作る。
 オキザリス   :花のきれいな園芸種で、多くの品種がある。



花の中心部分が濃紫色。


葯が黄色い。


1つの花径に花が十数個つく。春から秋まで次々と咲いてゆく。(2015/10/12)


蕾では花弁が巻かれており、開くときはそれがほどけてくる。(2016/11/20)


葉裏の縁に褐色の斑点が並ぶ。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る