カタバミ科


双子葉、離弁花。 用語説明

葉は3出複葉、花は放射相称で、花冠は5裂する。 葉や茎に蓚酸を含む。
果実の断面は5角形か星形である。

カタバミ 茎は地を這って広がり、花は黄色い5弁花で、 朔果は熟すと5裂して種子をはじき飛ばす。

アカカタバミ: カタバミ で葉が暗赤紫色のもの

オッタチカタバミ 茎が立ち上がるカタバミ

ムラサキカタバミ 根から出た柄の先にハート形の3小葉をつけ、 裏面に褐色の点があり、 花柄を枝分かれさせた先に紅紫色の5弁花をつけ、 地中の鱗茎で増殖する

イモカタバミ 根から出た柄の先にハート形の3小葉をつけ、 花柄の先が数個に枝分かれした先に中心の色が濃い紅紫色の5弁花をつけ、 地中に塊茎を隣接させて群落を作る

オキザリス カタバミ属のうち、花のきれいな園芸種

コミヤマカタバミ 3小葉の角が丸味を帯び、 花は白〜淡紅色の漏斗状で、先が5裂し、 朔果は倒卵形

双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
総目次へ戻る