ハッカ

薄荷

双子葉、合弁花、 シソ科、 ハッカ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:20〜60センチ
別名:メグサ、メグサハッカ
地下茎を長くのばしてでふえる。 茎は四角で直立したのち、対生状に分枝し、軟毛がある。 茎や葉、萼に軟毛がある。
葉は先のとがった長さ2〜3センチの長楕円形で、鋭い鋸歯があり、 対生し、軟毛があって裏に腺点がある。
上部の葉腋に長さ4〜5ミリで淡紫色の唇形花を輪生させる。 茎先では頭状の花序となる。 上唇は全縁で、下唇は3裂する。 萼は5裂し、その先がとがっている。
花後の萼の中で4分果が実る。各分果は扁平な楕円形である。
茎に葉をつけたまま陰干しにしたものが薄荷であり、 メントールを含み、芳香がある。

識別点: ハッカマルバハッカハナハッカヤナギハッカヤマハッカセイヨウハッカセイヨウヤマハッカ
 ハッカ   :香気有、高さ20〜60cm、葉は長楕円形、花は団子状で淡紫色、萼片尖る、別名メグサ。
 ヒメハッカ :香気有、高さ20〜40cm、葉は長楕円形、花はまばら〜頭状、淡紅紫色、萼片鈍頭。
 ハナハッカ :香気有、高さ30〜60cm、葉は卵形、花は散形状で淡紅色、萼は濃い紅紫色、別名オレガノ。
 マルバハッカ:香気有、高さ30〜80cm、葉は広楕円形で葉脈へこむ、花は穂状で淡紅色、別名アップルミント。
 ミドリハッカ:香気有、高さ30〜60cm、葉は卵形、花は穂状で淡紫色、別名スペアミント、オランダハッカ。
 チリメンハッカ:ミドリハッカの変種で、葉が縮れる。
 ヤナギハッカ:香気有、高さ40〜60cm、葉は披針形、花はややまばらで淡青紫色、別名ヒソップ。
 ヤマハッカ :香気無、高さ40〜100cm、葉は広卵形、花まばらで青紫色、下唇船形。
 セイヨウハッカ  :香気有、高さ60〜90cm、葉は卵状披針形、花は穂状で淡紫色、別名ペパーミント。
 セイヨウヤマハッカ:香気有、葉は卵形で葉脈へこむ、花はまばらで白〜黄色、別名レモンバーム。



葉腋では唇形花が輪生する。(2015/9/29)


花は下唇が3裂し、花柱が突き出す。(2017/9/30)


茎に軟毛がある。(2016/9/28)


葉のすぐ上に蕾が多数輪生する。(2016/10/15)


茎先では花が頭状につく。(2015/9/29)


長楕円形で鋸歯のある葉が対生する。茎には軟毛がある。(2015/5/1)


(2017/9/30)


茎は直立する。鋸歯の先はとがらない。(2016/4/29)


スペアミント(オランダハッカ、ミドリハッカ)


チリメンハッカ。葉は縮れ、花は穂状に咲く。(2015/7/2)


チリメンハッカ。茎にも葉にも毛がある。(2016/4/15)


ヤナギハッカ。葉は披針形。(2015/7/2)


ヤナギハッカ。花はややまばらに咲く。(2015/7/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る