チョウセンアサガオ

朝鮮朝顔

双子葉、合弁花、 ナス科、 チョウセンアサガオ属、1年草、 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
高さ:1メートル
茎は紫色を帯び、二股に分岐することを繰り返して、 大きな株をつくる。
葉は長さ10〜20センチのとがった広卵形で、互生する。
花は葉腋に数個ずつつき、10〜15センチの漏斗状で、先端が5裂し、 色は白色や黄色などで、下向きや横向きに咲く。 夕方に開花して翌日午前にしぼむ。
果実は球形で、短い棘がある。 熟すと不規則に裂開して、黒褐色の種子が現れる。
有毒植物。 これを原料とする麻酔薬(通仙散)により、 華岡青洲が1805年に世界初の全身麻酔による乳がん摘出手術に成功した。
熱帯アジア原産。 (チョウセンは「日本のものと違う」の意味で使われており、朝鮮経由で渡来したのではない。アサガオはヒルガオ科で ナス科の本種とは全く別物であり、名前は類似性を表していない。)

北アメリカ原産のアメリカチョウセンアサガオ (ケチョウセンアサガオ)は、茎や葉裏に微毛が密生する。 ヨウシュチョウセンアサガオは、熱帯アメリカ原産で、 果実は卵形である。
よく似た トランペットフラワー (キダチチョウセンアサガオ) は、丈が高く、花が下向きに咲く。(しかし、それもチョウセンアサガオということがある。)

識別点: チョウセンアサガオ ヤエチョウセンアサガオ ヨウシュチョウセンアサガオ トゲナシヨウシュチョウセンアサガオ アメリカチョウセンアサガオ
 チョウセンアサガオ    :果実球形棘短い、種子褐色、花10〜15センチ。
 ヤエチョウセンアサガオ  :果実偏球形や重合形で棘短い、種子淡褐色、花八重10〜15センチ。
 ヨウシュチョウセンアサガオ:果実卵形棘長い、種子黒、花約10センチ。
 トゲナシチョウセンアサガオ:果実卵形棘なし、種子黒、花約10センチ。
 アメリカチョウセンアサガオ:果実球形棘長い、種子褐色、花10〜15センチ、茎や葉に微毛。

(2017/10/18)


花は大きな漏斗状で、色は白が多い。(2017/10/18)


花冠は5裂し、雄しべが5本ある。 (2018/10/20)


萼が細長い。 (2018/10/20)


葉は大きな広卵形で葉柄が長い。(2017/10/18)


(2017/10/18)


果実は球形で、短い棘に覆われる。(2017/10/18)


果実はへたが大きい。(2017/10/18)


熟すと不規則に裂開して、黒褐色の種子が現れる。 (2018/10/15)


茎は濃紫色。(2017/10/18)


ヤエチョウセンアサガオ。


ヨウシュチョウセンアサガオ。


トゲナシヨウシュチョウセンアサガオ。


アメリカチョウセンアサガオ(ケチョウセンアサガオ)。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る