アメリカチョウセンアサガオ

アメリカ朝鮮朝顔

双子葉、合弁花、 ナス科、 チョウセンアサガオ属、1年草(原産地では多年草)、 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
高さ:約1メートル
別名:ケチョウセンアサガオ(毛朝鮮朝顔)
チョウセンアサガオと似ているが、茎や葉に毛があり、 果実の棘が長い、などの違いがある。 詳しくは チョウセンアサガオ を参照されたい。
茎や葉は軟毛で覆われる。葉裏はとくに毛深い。 太い茎が直立して分枝する。
葉は長さ8〜18センチの広卵形で互生する。
花は長さ10〜15センチの細長い漏斗状で、先端が5裂し、 色は白く、雄しべは5本ある。 萼は長さ4〜5センチの細長い筒状で、先が5裂する。
刮ハは直径約5センチの球形で、長い棘が多数ある。 種子は褐色で扁平である。
全草が強い毒を持つ有毒植物で、決して口に入れてはいけない。
北米南部原産。

識別点: チョウセンアサガオ ヤエチョウセンアサガオ ヨウシュチョウセンアサガオ トゲナシヨウシュチョウセンアサガオ アメリカチョウセンアサガオ
 チョウセンアサガオ    :果実球形棘短い、種子褐色、花10〜15センチ。
 ヤエチョウセンアサガオ  :果実偏球形や重合形で棘短い、種子淡褐色、花八重10〜15センチ。
 ヨウシュチョウセンアサガオ:果実卵形棘長い、種子黒、花約10センチ。
 トゲナシチョウセンアサガオ:果実卵形棘なし、種子黒、花約10センチ。
 アメリカチョウセンアサガオ:果実球形棘長い、種子褐色、花10〜15センチ、茎や葉に微毛。

微毛に覆われて、緑白色に見える。


葉は大きな広卵形で、互生する。(2017/6/24)


蕾が葉腋につく。 (2017/6/24)


花は漏斗状で、白いのが多い。 (2016/10/20)


花冠の開口部は8角形。 (2016/10/20)


萼は細長い。(2015/7/2)


花筒が膨らみ始めている。 (2017/7/29)


茎や葉に微毛が密生する。(2016/10/15)


(2016/10/15)


枝は葉に対生する位置からのびる。 (2017/7/29)


刮ハは丸くて、長い棘に覆われる。(2016/7/28)


萼は短くなって、浅い杯のように反り返る。(萼片に分かれていない。)


刮ハは熟すと不規則に裂開して、褐色で扁平な種子が現れる。(2017/10/18)


(2017/10/18)


種子は扁平な腎形で淡褐色。(2017/10/18)


太い茎が直立後に分岐し、高さも幅も1メートルぐらいに大きくなる。 (2017/7/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る