ヨウシュチョウセンアサガオ

洋種朝鮮朝顔

双子葉、合弁花、 ナス科、 チョウセンアサガオ属、1年草、 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
高さ:1メートル
チョウセンアサガオと似ているが、 果実が卵形で棘が長い、種子が黒いなどの違いがある。 詳しくは チョウセンアサガオ を参照されたい。
茎は緑色または紫色をおびる。
葉は長さ約20センチの広卵形で、縁に大きな鋸歯状のとがりが数個できる。
花は淡紫色の漏斗状で、先が5裂し、夕方開いて翌日しぼむ。
果実は広卵形の刮ハで、長短ある棘で覆われる。 熟すと4裂し、黒い種子が現れる。
花の白いのは、シロバナヨウシュチョウセンアサガオと呼ばれ、 葉の鋸歯状のとがりが大きい。
有毒植物。
熱帯アメリカ原産。

識別点: チョウセンアサガオ ヤエチョウセンアサガオ ヨウシュチョウセンアサガオ トゲナシヨウシュチョウセンアサガオ アメリカチョウセンアサガオ
 チョウセンアサガオ    :果実球形棘短い、種子褐色、花10〜15センチ。
 ヤエチョウセンアサガオ  :果実偏球形や重合形で棘短い、種子淡褐色、花八重10〜15センチ。
 ヨウシュチョウセンアサガオ:果実卵形棘長い、種子黒、花約10センチ。
 トゲナシチョウセンアサガオ:果実卵形棘なし、種子黒、花約10センチ。
 アメリカチョウセンアサガオ:果実球形棘長い、種子褐色、花10〜15センチ、茎や葉に微毛。

葉には鋸歯状の尖りが数個ある。(2017/10/17)


刮ハは卵形。(2016/10/15)


刮ハは熟すと4裂し、黒い種子が現れる。(2017/10/17)


シロバナヨウシュチョウセンアサガオ。葉が荒々しい。(2017/6/24)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る