ヤエチョウセンアサガオ

八重朝鮮朝顔

双子葉、合弁花、 ナス科、 チョウセンアサガオ属、1年草、 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
高さ:1メートル
チョウセンアサガオの八重咲き品種で、詳しくは チョウセンアサガオ を参照されたい。
茎は紫色を帯びるが、緑色のもある。
葉は大きな広卵形で、互生する。
花は漏斗状の花が二段重ねとなった形である。 色は青紫や黄色などがある。
果実は偏球形や、球形が重合した複雑な形であったりする。 表面に短い棘がある。 熟すと裂開して、淡褐色の種子が現れる。
有毒植物。
北米南部原産。

識別点: チョウセンアサガオ ヤエチョウセンアサガオ ヨウシュチョウセンアサガオ トゲナシヨウシュチョウセンアサガオ アメリカチョウセンアサガオ
 チョウセンアサガオ    :果実球形棘短い、種子褐色、花10〜15センチ。
 ヤエチョウセンアサガオ  :果実偏球形や重合形で棘短い、種子淡褐色、花八重10〜15センチ。
 ヨウシュチョウセンアサガオ:果実卵形棘長い、種子黒、花約10センチ。
 トゲナシチョウセンアサガオ:果実卵形棘なし、種子黒、花約10センチ。
 アメリカチョウセンアサガオ:果実球形棘長い、種子褐色、花10〜15センチ、茎や葉に微毛。

漏斗状の花が二段重ねとなる。(2016/9/28)


青紫色の花。(2015/9/29)


黄色い花。(2016/10/20)


果実には短い突起がある。(2015/9/29)


複雑に重合した果実もできる。(2016/9/28)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る