チダケサシ

乳茸刺

双子葉、離弁花、 ユキノシタ科、 チダケサシ属、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
高さ:30〜80センチ
湿ったところを好み、地下に太い根茎がある。 茎は細く、あまり分枝しないで上にのび、細毛がある。
根生葉は2〜4回羽状複葉で、小葉は卵形で重鋸歯がある。 茎葉は互生するが、ほとんどない。 側小葉の先はとがるが、頂小葉はあまりとがらない。
茎先は円錐花序となり、互生状に出る側枝は斜上する。 側枝は分枝しないので、花序はまばらな円錐状となる。 花は白〜淡紅色で密生し、直径は約5ミリと小さく、 花弁は細いへら状で5枚あり、雄しべの基部は合着している。
小さい刮ハがつき、2裂する。

識別点:
アカショウマトリアシショウマアワモリショウマアケボノショウマチダケサシ
 アカショウマ  :花序粗円錐、3回3出複葉、小葉長楕円、花白。
 トリアシショウマ:花序密円錐、3回3出複葉、小葉卵形、花白。
 アワモリショウマ:花序粗円錐、2〜3回3出複葉、小葉長楕円、花白。
 アケボノショウマ:花序密円錐、2〜4回奇数羽状複葉、小葉卵形、花淡紅色。
 チダケサシ   :花序粗円錐、2〜4回羽状複葉、小葉卵形、花白〜淡紅色。



側枝は互生状に出る。


花は密生する。




赤い花もある。(2017/6/29)


(2017/6/29)


花弁は細いへら形で6枚ある。 (2018/6/24)


葉は2〜3回羽状複葉。


小葉は卵形で重鋸歯がある。 (2018/6/24)


茎は高くのび、細毛がある。(2015/6/15)


小さい刮ハがつく。


刮ハは小さな楕円形で、突起がある。 (2018/9/24)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る