ショウガ科


単子葉。 用語説明
肥大する地下茎から偽茎(葉鞘が重なり合って丈夫になったもの) をのばし、左右交互に葉を拡げる。
花は穂状につくものが多い。
果実は液果または刮ハである。

ショウガ 膨らみのある根茎があり、葉鞘の重なった偽茎が出て、 狭楕円形の葉が斜上する

ジンジャー 根茎から丈夫な茎が直立し、葉は狭楕円形で2列に互生し、 茎先に穂状花序をのばし、芳香のある白い大きな花を咲かせる

シュクシャ: ジンジャー の別名

ミョウガ 葉鞘の重なった偽茎があり、葉は狭楕円形で斜上し、 地下茎から出る開花前の花穂を食用とする

ウコン 根茎は卵球形でカレーの原料や生薬として使われ、葉は先のとがった 長楕円形で長い柄があり、白または淡紅色の包葉をつけた花穂を出す

ターメリック: ウコン の別名

ガジュツ 根茎は卵球形で、偽茎は太くて短く、葉は先のとがった長楕円形で長い柄があり、 葉脈に沿って紫紅色の筋があり、初夏に淡緑色〜淡紅色の苞葉をつけた花穂を出す

ムラサキウコン: ガジュツ の別名

単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る