ガジュツ

我朮

単子葉、 ショウガ科、 ウコン属、夏緑、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:0.5〜1メートル
別名:ムラサキウコン
根茎は直径5〜7センチの卵球形で、輪状の節があり、地下で分枝し、 切り口は淡青紫色になる。 偽茎は太くて短い。
葉は左右2列に互生し、長さ30〜50センチ、 幅約10センチの先のとがった長楕円形で、長い柄があり、 葉脈に沿って紫紅色の筋がある。
初夏に根茎から約20センチの花穂を出し、 淡紅色〜淡緑色の苞葉を何段にも鱗状に重ね合わせてつける。 その苞葉の間から黄色い唇形の花がのぞく。
日本では結実しない。
根茎は胃腸用の生薬に用いられる。

識別点: ウコンガジュツ
 秋ウコン:花期は盛夏〜初秋、苞葉は白〜淡緑、根茎断面は黄橙。
 春ウコン:花期は晩春、苞葉は淡赤紫、根茎断面は黄。
 ガジュツ:花期は晩春、苞葉は赤紫、根茎断面は淡青紫〜淡青緑。



葉は先のとがった長楕円形で、主脈沿いに紫紅色の筋がある。(2015/9/29)


(2017/9/30)


(2016/5/5)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る