ジンジャー


単子葉、 ショウガ科、 シュクシャ属、夏緑、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜11月
高さ:1〜2メートル
別名:シュクシャ、ハナシュクシャ
根茎から丈夫な偽茎が直立する。 暑さに強いが寒さには弱い。
葉は20〜60センチの狭楕円形で左右2列に互生し、裏面に軟毛がある。
茎先に15〜30センチの穂状花序をのばし、芳香のある白い花を咲かせる。 萼は緑色で、花冠筒部は5〜8センチ、 唇弁状のものは長さ5センチぐらいで3枚あり、 幅広で中裂した唇弁の左右に幅の狭いのが広がる。
ショウガ科の花の構造は複雑である。 外花被片は3枚が合着して筒形となっており、 内花被片3枚は基部が融合しているが上部は上と左右の3つに分かれ、 雄しべ6本のうち3つは見えず、2つが花弁状となって広がり、 残り1つは雌しべと融合して、柱頭と葯として花弁の上に出ている。
1日花であるが蕾が何段も重なっていて、次々と咲く。
ほとんど結実しない。
インド、マレー原産。



背丈よりも高くなる。(2015/9/20)


花には唇が3枚あり、中裂した幅広の唇の左右に幅の狭いのが広がる。(2015/9/29)


多くの蕾が咲く準備をしている。


葉は左右に互生する。(2017/10/18)


茎は多数の葉鞘が巻いて茎のようになった偽茎である。


根茎で増える。 (2018/10/20)


ペディキウム・コロナリウム(白色ジンジャー)。(2016/9/28)


単子葉植物へ戻る
双子葉植物も見る
総目次へ戻る