ヤブマメ

藪豆

双子葉、離弁花、 マメ科、 ヤブマメ属、つる性、1年草。 用語説明
花期:秋 9月〜10月
茎は細く、下向きの毛があり、他物にからむ。
葉は葉柄の長い3出複葉で互生し、小葉は長さ3〜6センチの広卵形で、 両面に伏毛がある。
葉腋から出る短い総状花序に、筒状で先が青紫の蝶形花が 数個束生するようにぶらさがって咲く。
豆果は扁平で縫合線に伏毛があり、種子が3〜5個入っており、 熟すと裂開して丸い種子を飛ばす。
地下茎と、茎から地中にのびた枝に閉鎖花がつき、 種子が1つの豆果が地中にもできる。閉鎖花の豆は 地上の開放花の豆より数倍大きい。

識別点: ヤブマメトキリマメノササゲツルマメ
  ヤブマメ  :葉は広卵形で先尖らず、種子3〜5個、花は束生し紫色、鞘褐熟し縫合部に毛、地下茎にも豆果。
  トキリマメ :葉は倒卵形で先尖り後半部が広い、花は総状で黄色、種子2個、鞘赤熟。
  タンキリマメ:葉は倒卵形で先尖らず前半部が広い、花は総状で黄色、種子2個、鞘赤熟。
  ノササゲ  :葉は長卵形で先尖らず前半部が広い、花は総状で黄色、種子3〜5個、鞘紫色。
  ツルマメ  :葉は披針形、花は数個つき紫色、種子2〜3個、鞘褐熟し毛密生。



青紫色の蝶形花が枝先に数個つく。(2015/10/3)


蝶形花は細長い。(2015/10/3)


豆果に種子が3つぐらい入っている。


葉は鈍頭。


葉にも萼にも毛がある。(2016/10/2)


熟すと豆鞘がはじける。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る