ノササゲ


双子葉、離弁花、 マメ科、 ノササゲ属、つる性、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
別名:キツネササゲ
茎は細くて他物にからみついて長くのび、淡い黒紫色を帯びることが多い。
葉は3出複葉で互生し、小葉は長さ3〜15センチ、幅2〜6センチの長卵形で 薄く、裏面は白みがかかり、毛がまばらに生える。
葉腋から出る短い総状花序に、筒状の萼をもつ淡黄色の蝶形花がつく。
豆果は長さ2〜5センチの倒被針形で、種子のあるところがふくらむ。 熟すと紫色になり、2裂すると3〜5個の黒紫色の丸い種子が現れ、 しばらく鞘にくっついている。

識別点: ヤブマメトキリマメノササゲツルマメ
  ヤブマメ  :葉は広卵形で先尖らず、種子3〜5個、花は束生し紫色、鞘褐熟し縫合部に毛、地下茎にも豆果。
  トキリマメ :葉は倒卵形で先尖り後半部が広い、花は総状で黄色、種子2個、鞘赤熟。
  タンキリマメ:葉は倒卵形で先尖らず前半部が広い、花は総状で黄色、種子2個、鞘赤熟。
  ノササゲ  :葉は長卵形で先尖らず前半部が広い、花は総状で黄色、種子3〜5個、鞘紫色。
  ツルマメ  :葉は披針形、花は数個つき紫色、種子2〜3個、鞘褐熟し毛密生。

(2016/9/17)


細長く黄色い蝶形花が咲く。


萼は筒形。茎は黒紫色を帯びることがある。(2015/7/11)


葉は3出複葉で、小葉は長卵形。


葉裏は緑白色。(2015/8/8)


豆果は紫色に熟す。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る