トキワイカリソウ

常盤碇草

双子葉、離弁花、 メギ科、 イカリソウ属、常緑、多年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:20〜60センチ
別名:オオイカリソウ
茎は細くて直立し、白毛がある。
葉は2回3出複葉で、小葉はゆがんだ卵の形をして先がとがり、 基部は深い心形となり、縁に刺し毛があって、 ややかたく、光沢がある。
茎の途中や葉腋からでる長い総状花序に、紅紫色の4弁花が咲く。 4枚の花弁の細長い管状の距が湾曲して四方に広がり、 花が錨のように見える。
豆のような袋果がつき、中に楕円形の種子がある。

識別点: イカリソウトキワイカリソウホザキノイカリソウバイカイカリソウ
 イカリソウ   :夏緑、距が長い、花は紫色、葉につやがない。
 トキワイカリソウ:常緑、距が長い、花は紫色、葉につやがある。
 ホザキノイカリソウ:常緑、距がイボ状、萼が白く花弁は黄色。
 バイカイカリソウ:常緑、距なし、花は白く小さい、葉はゆがんだ卵形。



葉に光沢がある。(2015/5/1)


花が和船の錨の形に似ている。


葉は2回3出複葉で、刺し毛がある。(2015/5/6)


小葉はゆがんだ卵形で先がとがり、つやがある。


先の尖った豆鞘のような果実ができる。(2016/4/15)


葉裏が白いので、ウラジロイカリソウか。(2015/5/1)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る