サワフジバカマ

沢藤袴

双子葉、合弁花、 キク科、 ヒヨドリバナ属 花は筒状花のみ、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:1〜1.5メートル。
フジバカマとよく似ているが、 後述するような違いがある。
茎は細くて高くのび、上部で分枝する。
葉は短い葉柄のある長楕円形〜長楕円状披針形で、3深裂し、 鋸歯があり、対生する。
茎の先に淡紅紫色の頭花を散房状に多数つける。
そう果には白〜淡褐色の冠毛がある。
フジバカマとくらべ、茎の上部の葉も3深裂する、 花の色が濃く、茎も赤みを帯びるなどの違いがあり、 フジバカマとサワヒヨドリとの交雑種から作られた園芸種が野生化したのではないかと見られている。 園芸店でフジバカマとして売られているものは、 サワフジバカマであることが多い。

識別点: ヒヨドリバナサワヒヨドリフジバカマサワフジバカマ
 ヒヨドリバナ :単葉で裂けず、柄があり、対生する。
 ヨツバヒヨドリ:単葉または3裂し、柄がなく、輪生する。
 サワヒヨドリ :単葉または3裂し、柄がなく、対生する。
 フジバカマ  :下部の葉は3深裂し、柄があり、対生する。
 サワフジバカマ:葉は3深裂し、柄があり、対生する。

淡紅紫色の筒状花が散房状につく。(2014/10/8)


葉は3深裂する。(2015/9/29)


茎は直立する。(2015/9/29)


茎は滑らかな赤褐色である。(2016/9/28)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る