サクラソウ

桜草

双子葉、合弁花、 サクラソウ科、 サクラソウ属、多年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:15〜40センチ
園芸店などでサクラソウとして売られているものには、 セイヨウサクラソウ(プリムラ)が多い。 従来種のサクラソウ(ニホンサクラソウ)は、セイヨウサクラソウにくらべ、花期が春のみで、花の中心部が白いなどの点で異なる。
根茎は太くて短く、ひげ根を出す。
葉は長三角形で、脈がくぼみ、縁が縮れたように波打ち、 多数根生する。 葉柄は長く、葉には白長毛が多い。
春に細い花茎を直立させ、その先に5深裂し長い柄のある花を散形状につける。 花は一見桜に似ているようであるが、直径2〜3センチで紅紫色の高坏形で、 中央部は筒状となっており、その穴の中に雌しべと雄しべがある。
梅雨明けになると休眠する。
扁球形の刮ハが5裂した萼片を受け皿にして実る。

識別点: クリンソウサクラソウプリムラジュリアン
 クリンソウ:花期5〜6月、高さ4〜80センチ、葉柄がない、花が数段輪生する。
 サクラソウ:花期4〜5月、高さ15〜40センチ、葉柄がある、花は散形状に咲く、花の中心部が白い。
 プリムラ :花期12〜5月、高さ15〜40センチ、葉柄がある、花は散形状に咲く、花の中心部が黄色。
 ジュリアン:花期11〜4月、高さ10〜20センチ、葉柄短い、花は茎先に数個、花の中心部が黄色。

葉は葉柄があって根生し、長三角形で脈がくぼみ、縁が縮れたように波打つ。(2016/4/15)


花の中心部分が白い。(2016/4/15)


花の白い品種もある。(2017/4/22)


葉は葉柄があって根生し、長三角形で脈がくぼみ、縁が縮れたように波打つ。


セイヨウサクラソウ(プリムラ)は、花の中心部が黄色い。(2007/3/6)


花は茎先から放射状に出る。白いのは蕾。(2015/12/20)


(2015/5/6)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る