クリンソウ

九輪草

双子葉、合弁花、 サクラソウ科、 サクラソウ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:40〜80センチ
葉は倒卵状長楕円形で柔らかく無毛で不揃いな鋸歯があり、多数根生し、 葉の基部は柄状で赤みを帯びる。
初夏に直立した花茎先に紅紫色の花が層になって数段輪生する。 花冠は2〜2.5センチで5裂し、裂片の先はくぼみ、萼も5深裂する。 下から順番に咲く。
刮ハは球形で、5裂した萼片に包まれ、花柱が残っている。

識別点: クリンソウサクラソウプリムラジュリアン
 クリンソウ:花期5〜6月、高さ4〜80センチ、葉柄がない、花が数段輪生する。
 サクラソウ:花期4〜5月、高さ15〜40センチ、葉柄がある、花は散形状に咲く、花の中心部が白い。
 プリムラ :花期12〜5月、高さ15〜40センチ、葉柄がある、花は散形状に咲く、花の中心部が黄色。
 ジュリアン:花期11〜4月、高さ10〜20センチ、葉柄短い、花は茎先に数個、花の中心部が黄色。



紅紫色の花が数段輪生する。


(2015/5/6)


葉柄のない長楕円形の葉が根生し、葉脈がへこんでいる。(2016/5/5)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る