オニゲシ

鬼罌粟、鬼芥子

双子葉、離弁花、 ケシ科、 ケシ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:60〜100センチ
別名:オリエンタル・ポピー
ヒナゲシ に似ているが、多年草で、草丈が高く、花も大きく、 葉が羽状に全裂する点などが異なる。 詳しくはヒナゲシ参照。
耐寒性はあるが、高温多湿には弱い。 全体に剛毛が密生し、一株から茎が何本も直立する。
葉は互生し、羽状に全裂する。 根生葉は長さ1メートル近くになる。
茎先に直径10〜20センチの大きな花が咲く。 蕾は下向きであるが、花は上を向く。 八重咲きもある。 色は朱色、橙色、桃色、白などがあり、 花弁の基部に黒い紋があるものが多い。
果実は徳利状の刮ハである。
コーカサス地方原産。

識別点:( ケシヒナゲシオニゲシアイスランド・ポピー
 ケシ  :葉は長楕円形、葉柄なし、無毛で全体に粉白色を帯びる。
 ヒナゲシ:葉は羽状に深裂し、全体に粗毛があり、茎は枝分かれする。
 オニゲシ:葉は羽状に全裂し、全体に剛毛があり、花の下方に黒斑点がある。
 アイスランド・ポピー:葉は無毛の白緑色で光沢があり、茎は枝分かれしない。

(2017/5/19)


葉は羽状に全裂する。(2017/6/6)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る