アイスランド・ポピー

シベリア雛罌粟、シベリア雛芥子

双子葉、離弁花、 ケシ科、 ケシ属、1年草。 用語説明
花期:春 3月〜5月
高さ:約50センチ
別名:シベリアンヒナゲシ
ケシ とよく似ているが、
・枝分かれしないで、一株からいくつもの花柄を出し、その各々に一輪ずつ花を咲かせること、
・葉が白緑色で毛がなく、光沢があること、
・花色の淡いものが多いこと
などの違いがある。
また、暖地では1〜2月にも花を咲かすことができる。

葉は互生し、羽状に深裂する。
花茎は細く、枝分かれせずに直立し、毛がある。 花は5〜7センチで、花茎の先に単生し、蕾のときは下向きで、 多数の毛が生えた萼に覆われており、開花と同時に萼が落ちて花が上を向く。 色は赤、黄、白と多彩で、花弁は4枚できわめて薄い。
刮ハは湯飲みに笠のような蓋がついた形であり、種子は非常に細かい。
アイスランドやシベリアなどの極寒地原産。

識別点:( ケシ、 ヒナゲシアイスランド・ポピー
 ケシ  :葉は長楕円形、葉柄なし、無毛で全体に粉白色を帯びる。
 ヒナゲシ:葉は羽状に深裂し、全体に粗毛があり、茎は枝分かれする。
 オニゲシ:葉は羽状に全裂し、全体に剛毛があり、花の下方に黒斑点がある。
 アイスランド・ポピー:葉は無毛の白緑色で光沢があり、茎は枝分かれしない。

(2015/4/30)


花は花茎先に単生する。(2015/4/30)


茎は枝分かれしない。(2015/4/30)


蓋付きの湯飲みのような果実ができる。(2017/5/19)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る