ノジスミレ

野路菫

双子葉、離弁花、 スミレ科、 スミレ属、多年草。 用語説明
花期:春 3月〜4月
高さ:10センチ

特徴要約(他のスミレとの比較については スミレ科一覧参照):
   地上茎:無、花色:紫色、葉:楕円状披針形、距:下向き、花柱:頭状。

地上茎がなくて、 全体に短い白毛がある。
葉はすべて根生し、花期には長さ3〜8センチの楕円状被針形で、 基部は幅広であるが、葉柄の翼は狭い。 葉の縁がやや波打つ。 夏期の葉は三角形で基部の両側が上に湾曲する。
花は長さ1〜1.5センチで、淡紫色〜紅紫色、ないしくすんだ紫色であり、 花弁の縁が不規則に波打ち、よれた感じがする。 側弁には毛がない。 距はやや太くて色があわく、先がやや下を向く。
刮ハは熟すと3裂する。

識別点: スミレノジスミレ
 スミレ  :葉は長楕円状被針形、葉柄に広い翼がある。
 ノジスミレ:葉は楕円状被針形、葉柄の翼が狭い。



距は太くて長い。上弁2枚は後方へまくれ上がる。(2017/4/2)


葉は楕円状被針形。全体に白毛がある。


葉の縁がもちあがって、葉が谷を形成する。


蕾がいくつも用意されている。萼の裂片がとがる。(2017/4/2)


果実はさく果で、3つにはじける。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る