ムラサキサギゴケ

紫鷺苔

双子葉、合弁花、 ハエドクソウ科 (以前は ゴマノハグサ科)、 サギゴケ属、多年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:5〜10センチ
別名:サギゴケ
あまり立ち上がらず、ほふく茎を出して横にひろがる。
葉は倒卵形〜楕円形で、根元に群生する葉には葉柄があり、 ほふく茎から出る葉は小さくて葉柄がなく、対生する。
春に根元の葉の間から花茎を立てて、1.5〜2センチの紅紫色の 唇形花を数個まばらにつける。 上唇は2裂し、下唇は3裂する。 雌しべの先は上下にわかれ、そこに触れると雌しべが閉じる。 萼は鐘形で5裂する。
花の白い品種もあり、それをサギゴケとし、紅紫色のをムラサキサギゴケ として分ける意見もある。
長さ約4ミリの扁球形の刮ハがつく。

識別点: トキワハゼムラサキサギゴケウリクサ
 トキワハゼ:葉はさじ形、花に黄色と赤褐色の斑紋、新分類ではハエドクソウ科。
 ムラサキサギゴケ:葉は倒卵形、花に黄褐色の斑紋、匐枝を出す、新分類ではハエドクソウ科。
 ウリクサ :葉は広卵形、花に黄色い斑紋、新分類ではアゼトウガラシ科。
 アゼナ  :葉は先のとがった楕円形、茎立ち上がり、花に淡黄色の斑紋、新分類ではアゼトウガラシ科。



花は唇形で、下唇に黄褐色の斑紋がある。(2016/4/16)


葉は倒卵形。茎は少し立ち上がる。(2016/4/15)


花にくらべて葉はあまり大きくない。(2017/4/25)


次の蕾が用意されている。(2015/5/1)


ほふく茎では葉が対生する。(2015/4/30)


ほふく茎から出る葉には葉柄がない。(2015/4/30)


果実が育とうとしている。(2017/4/25)


群生して地面を覆う。(2017/5/5)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る